玄米菜食・マクロビオティックについて思うこと

玄米菜食・マクロビオティックは素晴らしい食文化です。

白米から玄米に変えて、病気が治った方・元氣が出てきた方を
何人も見てきました。


ただ、何でもかんでも玄米菜食、誰でも彼でもマクロビオティックという考え方は
少し違うのではないかと思います。

たしかに、玄米を食べて病気が治った方がいます。
しかしそれは純粋に、その方のそのお病気に玄米が非常に合っていて
必要だったからなのだと思います。

東洋医学では
陰陽虚実や寒熱など、様々な角度から生体のバランスを考え
太極(プラスマイナスゼロ)の状態を作っていくことを一つの目的としています。


「過ぎたるは及ばざるが如し」
何事もやりすぎは良くありません。


食べても良い時期・食べてはいけない時期
食べても良い人・食べてはいけない人

きちんと判断していかないといけないと思います。


玄米に限らず、何かの信奉者になるということは
非常に危険な考えなんでしょうね。
(これは今の日本の状況に似ているかもしれませんね。。。)


紫雲では病気にならないための、「食」の相談もお受けしております。
お気になる事がございましたらご連絡くださいね。


コメントをお願いいたします