えっ!あんな虫も漢方なの!?

photo-3

薬局内に展示してある鹿茸(ろくじょう)です。

・インポテンツや不妊症・精力低下

・病後などの体力低下・虚弱体質

・腰痛や筋肉痛・関節痛

などの効能効果があります。

紫雲では、後縦靭帯骨化症(こうじゅうじんたいこっかしょう)と言う難病に使ったり、紫荷車(しかしゃ・プラセンタ)の代わりに使ったりもします。

とっても良いんですよ(^_^)


植物だけでなく、漢方薬には動物が原料のモノも意外と多いんです。

メジャーどころだと、マムシ、すっぽん、熊の胆、牛黄(ごおう・牛の胆石)ですね。

その他にも、さそり、あぶ、おっとせい、せみのぬけがら、ごきぶり、たつのおとしご、などなど…。

なんでも薬にしちゃうんですね〜!!

コメントは停止されています。