本態性振戦にはやっぱり漢方薬が合います

子宝を授かりたいので病院のお薬を止めたい!


数年前から右腕の震えでお困りの30代女性。
病院での診断は「本態性振戦」
通常時はアルマールというお薬を飲み、震えが強い時は抗てんかん薬を飲むという典型的な病院での治療法です。
このアルマールというお薬は交感神経を遮断するため、高血圧や狭心症、不整脈に用いられます。
この作用を応用して骨格筋に作用させ、震えを止めようという治療法なのです。

はい、、、思いっきりその場しのぎです。。。
まあ、大きな声じゃ言えないですが西洋医学って全体的に「その場しのぎ」です。

あっ、悪いとか良いとかじゃないですよ。
その場しのぎが必要な状況もあると思いますしね。

それにしても今回のケースは「飲んでて血圧が下がり過ぎちゃわないのか?」とか色々と心配ですよね。

すみません。本筋から離れちゃいました(笑)

で、まあ、病院の先生からも「妊娠したら服薬は中止」と言われているらしく、それじゃ他に良い方法がないかとインターネットで色々と探し、ウチを探して下さいました。

世田谷の方なので東京でも色々と探した結果、一番頼りになりそうなウチに決めてくださったそうです。ありがとうございます。

震えにも効く加味逍遙散!?


カウンセリングや氣功でお体の状態を診ていき、この方の震えには加味逍遙散という漢方薬をお選びいたしました。

血の道症や更年期障害によく用いられる漢方薬ですね。
少し漢方を勉強している方ですと、イライラしている少し口うるさい女性に合うイメージがあるかもしれないですが、この方はおっとりとした優しそうな女性でした。

加味逍遙散の他に、氣の発散を促す漢方薬の丸剤を少量お出しして、治療を開始しました。

一ヶ月後、経過は良好。アルマールを止めても順調です!


服用開始から約一ヶ月。
仕事が忙しいとまだ震えが出てしまうようですが、普段はアルマールを飲まなくても震えが起きなくなりました。

いい感じ、順調ですね!

本態性振戦でお悩みの方は、緊張から体に力が入り、上手く抜くことが出来ずに振るえという運動で力のエネルギーを発散している方が多いように感じます。

漢方薬は自然な形でエネルギー発散を促してあげるんでしょうね。

また追って経過をご報告します!!

その他の症例はこちら

2 Responses to “本態性振戦にはやっぱり漢方薬が合います”

  1. 甲状腺機能低下症にはいかがですか?
    競技をしているために、減量をしていますが、運動量をふやしたり、食事量を減らしても、全く体重が落ちません。すぐもとに戻ります。

  2. 甲状腺機能低下症だと減量しづらいですよね。
    競技のための減量ということですので、きつい状態なのではないかと思います。
    あまりご無理なさらないでくださいね。
    甲状腺の疾患にも、亢進・低下問わず、漢方薬は合うと思います。
    相談をご希望の場合はお電話0466-52-4293かメールでご予約くださいませ。
    お待ちしております(^_^)

コメントをお願いいたします