梅雨時の頭痛はお茶で解決!



みなさま、梅雨時いかがお過ごしでしょうか。

もう湿気には慣れましたか??

夏に向けて楽しんでいる方もいれば、梅雨のだるさにやられちゃってる方もいると思います。

さてさて、そんなジメーっとした梅雨時のオススメ食養生は、、、

「お茶」


です。

「ジメジメしてだるい〜!」「何だか憂鬱〜!」

そんな時は温か〜い緑茶を一杯。
やかんを火にかけ、お湯を沸かし沸騰するまで待ちましょう。
その間に、茶筒から煎茶をひとすくい急須に入れます。
お湯が沸いたら少し冷まし、急須にお湯を注いだら、あとは旨みが抽出されるのをじっと待って、温めておいた湯のみに注げば出来上がり。

じっくり淹れることで氣持ちも落ち着くし、一口飲んだらお茶が体に染み渡りホッとできることでしょう。

紫雲でも相談の皆様にお出ししております。


煎茶って漢方薬にもなります。頭痛に効く川芎茶調散。



お茶は漢方では、味が苦・甘、性質は涼。

胃の消化を助けたり、鎮痛・利尿・止瀉効果があるとされ、頭痛や下痢などに用いられます。

頭痛には、白芷(びゃくし)川芎(せんきゅう)などと配合し、川芎茶調散(せんきゅうちゃちょうさん)という漢方薬として使われます。

先日来られた女性の片頭痛の方もこの漢方薬を使い、痛みが取れました。

また、細菌性の下痢などに濃く煎じた渋茶を使うこともあるようです。

民間薬やおばあちゃんの智恵としては、煎じた茶を火傷や赤ちゃんのおむつかぶれに塗ったりもしますね。
私の息子の乳児湿疹が出た時にも塗ってました。

口内炎や風邪予防のうがい薬として使うのもオススメですよ。

低気圧の影響で症状が出る方や、むくみやすく水分代謝が悪い方にはとってもオススメです。
この時期は、頭痛やめまい・腰やヒザの痛みの症状が出るなど、体調を崩しやすい方が多いです。

お茶を飲んで体も心も健康になってくださいね。

ではでは、思いっきり楽しんでいきましょう〜。


コメントをお願いいたします