不眠、肩こり、無気力感を伴ううつ病 20代女性

10年来のうつ病の相談でお母さまとご一緒に来られた20代の女性。
主な症状は「朝起き上がることが出来ない」「体が動かない」「気分が激しく落ち込む」でした。
数年後さらに症状が悪化し他の病院へ。
そこでは発達障害と診断されるも納得がいかず、またお薬も効いていないと感じ苦しんでおりました。
昨年になりうつの症状が強くなってしまったため、根本的に体を整えようと当薬局に相談となりました。

●多岐にわたる症状、その原因は。。。


初めての相談で訴えていた症状は多岐にわたり20項目!ほどありました。
その中でも特に強い症状は「イライラ感」「眠れない」「過食」「気分の上がり下がり」「肩こり、首こり」「無気力感」でした。
また生理前にも特有の強い気分の落ち込み感があるようです。

非常に数多くの症状を訴えてましたが、四診により原因を「瘀血」「水毒」「氣の上焦」と捉えオーダーメイドの漢方薬で治療を開始。
すると、飲み始めてひと月ほどで良い変化が表れました。「イライラ感」「過食」「肩こり、首こり」が軽減されたようです。
お母さま共々大変喜んでいらっしゃったのを覚えております。

治療開始から3ヶ月目、状態は上向いているものの生理前の症状には動きが少なく、非常に辛そうでした。
詳しくお体の状態をCheckし治療法を修正、「瘀血」に対する薬方を強めました。
修正が功を奏し、その後しばらくは順調に改善
しかし、治療6ヶ月目に無気力感が再発、夜も眠れず昼夜逆転に…。
再度治療法を見直し、さらに深い体質に取り組むことに。
それから半年、症状は消失。無事に漢方治療を卒業されました(^^)

●あきらめずに取り組んだ結果ですね!


10年近く悩み、病院でも全く改善しなかったうつ病が、無事に完治した嬉しい症例です。
漢方薬の効果はもちろんですが、この方の「治そう!」と言う前向きな氣持ちが良い結果につながったと感じてます。
漢方治療は体質改善ですので改善途中の症状には波があります。
辛い日が続くこともあります。
最初は無かった症状が出ることもあります。
この方もそうでした。
しかし、悪い時も焦って不安になることなく取り組んでくださいました。
体は確実に変わっていきます。
あきらめずに取り組むことの大切さをあらためて感じた症例でした。

コメントをお願いいたします