天気痛、気象病は漢方で治る

30代女性 偏頭痛(天気痛、気象病) 主な症状:天気が悪くなる前日におでこ中心の頭痛
「雨の前の日でも頭痛が出ることは無くなりました(^^)」

60代女性 変形性膝関節症(天気痛、気象病) 主な症状:雨の前の日に痛みが強くなる
「全体的に上向いています!」

40代女性 耳鳴り(天気痛、気象病) 主な症状:季節の変わり目に特に強くなる
「おかげさまでほぼ耳鳴りは治まりました」

30代女性 パニック障害(天気痛、気象病) 主な症状:気圧の変化で発作が起きそうになります
「天気を氣にせず生活できてます」

「天気痛・気象病が良くなった!」と、数多くの喜びの声をいただいております。
「漢方カウンセリング」「氣功による東洋医学的な病態の解析」で、あなたにピッタリの漢方薬をお選びします。
漢方薬で天気痛・気象病は漢方薬で治ります。ぜひ一度ご相談下さいませ。

天気痛、気象病は漢方薬の得意分野です


天気が悪くなる前日に頭痛が起きる。
気圧の変化でめまいが起きる。
梅雨時はヒザがシクシク痛む。
パニック発作が起きそうになるので雨が降るのがわかる。

これらは全て天候に影響されております。
天候に影響される疾患を気象病と呼び、その中でも痛みが起こるものを天気痛と言います。

気象病や天気痛は、まだまだ一般に認知されておりません。
周りの方に理解されずに仮病と疑われる方もいます。
辛いですよね。


気象病や天気痛がどうして起こるのか?
そのメカニズムは、現代医学でもハッキリとは分かっておりません。
気温・気圧・湿度の変化や、それに伴う自律神経の影響があると考えられてます。

東洋医学・漢方医学では水毒(すいどく)の影響を第一に考え、水毒を整える治療を中心に行います。

当店はパニック障害が得意なこともあり、自律神経の方面からもお身体をチェックしていきます。
交感神経の影響で神経過敏になり、症状が強く出ている方も多いです。
その他、冷え症体質、頚椎の異常などもCheckし、総合的に判断して漢方薬をお選びしております。

漢方薬で体質改善してしまうと嫌な症状は無くなります。
根本治療ですので再発もしにくいです。オススメですよ。

コメントは停止されています。