悪性腫瘍の相談、増えています。

悪性腫瘍を患っている患者さんが3人お越しになりました。

おひとりは50代の直腸がん。もうおひとりは30代の乳がん。そして70代の膵臓がん。

どの方も漢方薬だけで対応するのではなく、病院での治療と並行しサポートさせていただいております。
幸い、多くの方が今はがんを克服され元気に過ごしております。

乳がんの方はその後無事にご妊娠し、現在は妊娠期間中のサポートをさせていただいております。
膵臓がんの方も元氣に回復され、現在はお仕事を引退され、ご自身の趣味やご家族のサポートをしております。
直腸がんの方はまだ病院で最終の治療中ですが、完治・再発防止に向けて漢方薬でサポートしているところです。

本日も、膀胱がんからリンパへの転移を疑われている方がお見えになります。
この方に対しても、東洋医学で免疫に関係していると考えられているポイントを中心に調整をしております。
現在は抗がん剤での副作用が出ているため、白血球や血小板に対しても漢方薬で取り組んでいる最中です。
だんだんと血液検査の回復が早くなり、数日ならご旅行もできるまでに整いました。
嬉しいですね(^^)

悪性腫瘍、本当に増えてますよね。
少しでも回復に向けてサポートができれば幸いです。


【先生からのひとこと】
私の拙い経験でしか申し上げられませんが、悪性腫瘍・抗がん剤の副作用に漢方薬は有効です。
お悩みの方はいつでもご相談くださいませ。
精一杯サポートさせていただきます。

コメントをお願いいたします