副鼻腔炎(蓄膿)もアトピーも同じ体質です!?

アトピー性皮膚炎と副鼻腔炎でお悩みの方から相談を受けております。

西洋医学的に全く違うこの病気。

ひとつの漢方薬で両方とも改善しておりますのでご紹介いたしますね。

ちなみに西洋医学での治療法もご紹介いたします。

○副鼻腔炎

抗生物質や消炎剤、点鼻薬、抗アレルギー剤など。ケースによってはステロイドの内服薬

○アトピー性皮膚炎

ステロイドや保湿の塗り薬や抗アレルギー剤、ステロイドの内服薬

両方を一度にやろうとするとたくさんのお薬が必要になってきますね。

それが漢方薬ですと1つのお薬で解決するのです。

医療費の削減にもつながるし良いことずくめですね^_^


表と裏と!?


さて、当店では患者さまの体質を観るときに

・標治(表に出ている体質)

・本治(裏に隠れている本質的な体質)

の両方を見ていきます。

標本治療といい、両方の反応に取り組んでいくのが本来の漢方医学の治療法なのです。

この方も標治はそれぞれ違う体質でした。

アトピー性皮膚炎は、中焦(ちゅうしょう)という、カラダの真ん中あたりに熱がこもってしまい悪さをしてしまう体質。

副鼻腔炎は、表寒(ひょうかん)という、カラダの表面が冷えてしまい悪さをしてしまう体質。

です。

しかし詳しく体質Checkをしていくと本治部は共通する反応があります。

これはひとつの漢方薬で二つの症状に対応できるということを示しております。

本来の標本治療に則り、アトピー性皮膚炎に対するA、副鼻腔炎に対するB、本治部に対するCで取り組むことをご提案しました。

しかし、飲む回数やご予算もあります。

今回は服用方法を組み立て直し、本治部のCのみで取り組むことにしました。

まずは2週間ほど飲んでいただくことに。


なんだか良いようです!?


2週間後。。

少し良いようです。

表の反応に取り組んでないのでスピードは速くはないのですが、着実に変化が表れているようです。

少しでも変化が出てくるとやはり嬉しいですね。

この方はこの後も順調に改善し、予算の関係もあり現在は半分の量で飲んでおります。

ストレスや食事の不摂生で症状が出るときは元どおりの量にしてなんとかしのいでいるようです。

このまま、漢方薬を卒業できると良いですね!

減薬は一筋縄ではいかないことも…

自律神経のバランスを崩している方から相談を受けております。

いくつかの症状をお持ちで、胃のむかつき・ふらつき・ザワザワ感・パニック障害による不安感などです。

仕事のストレスを受けながらの治療になり、時間はかかってしまっているのですが、症状はほとんど出なくなりました。

あとは病院の化学薬品を卒業できれば漢方薬も卒業できそうです。

しかし、医師の指導の元ととはいえ化学薬品の卒業は一筋縄ではいかないこともあります。

医師の指示通りに減らしていき症状がぶり返さなければ次のステップへ。

もしもぶり返してしまえば元どおりの量に戻す。ということが多いです。

当初の量からは減っているのものの、まだゼロというわけにはいきません。

最後の1種類が中々思うように減らせず、一進一退が続いておりました。

患者さんご自身も、たくさん飲んでいたクスリが1種類になったから、と少し諦めるようなお言葉も口を出ます。

しかし、本心を聞いてみるとやはりおクスリはゼロにしたいとのこと。

諦めるようなことを言わせてしまった私の未熟さに情けなくなります。

なんとか減薬できる方法を探さなくてはいけません。


再度、詳しく体質を分析してみると…


前回、少し見方を変え様々な角度から体質をCheckし直しました。

すると、体や心を緩めるとされる甘味の漢方薬が合う反応があります。

この反応がある方は普段は激しい症状はないのですが、発作時に激しい症状が起こることが経験的に分かっております。

・アトピーで血が出るほどに掻きむしってしまう症状

・吐いてしまうほど、吐いてもさらに生米さえも食べてしまうほどの過食症

・緊張すると震えてしまい、もう片方の手で止めようとしても止まらないほどの本態性振戦

昔の書物によると、笑いが止まらなくなってしまった症状にも使うという記述もあります。

また、よくアクビが出てしまうのもこの反応がある方に多いです。

この方にはお伺いしても激しい症状はなかったのです。

しかし、化学薬品を減らすことをカラダが激しく拒んでいる、とも考えられます。

事情をお話しし、漢方薬を1種類追加することにしました。

そして1ヶ月後。。

今月はお薬を減らしても症状は強くならなかったようです!

時々起こっていた胸のざわつきや胃部の不快感も上向いているようです。

本当に安心しました^_^

たった1種類の違いで効き目が変わるのが漢方薬の良いところであり、怖いところでもあります。

今回の経験をもとに少しでも減薬できる方が増えるよう精進して参ります。

みんなで元氣になりましょうね!

1日に十数回の水下痢が安定してきました!

胃腸の相談を受けました。

この方は今まで違う症状で相談を受けていた方です。

そちらの状態も非常に良く、順調に減量も進みそろそろ卒業を考えていた頃です。

突然、腹痛や水下痢が出てきました。

最初のうちは1日に十数回ほども水下痢が続いていたようです。ひどい時はお腹が痛くなってしまうらしく、病院へ。

内視鏡で見てみても異常はなく、病院からは整腸剤と漢方薬の半夏瀉心湯が処方されました。

お薬を飲むと多少は良いものの、やはり下痢や腹痛は止まらないようです。

もうどうしようもなく、改めて私に相談がありました。

以前にも書きましたが胃腸の症状には私も悩まされていました。

辛い気持ちは痛いほど分かります。

これはなんとかしなければ。。


深い体質を見極めないと改善は進みません…


お話を伺うとやはり病院でも処方された半夏瀉心湯の関連処方が合いそうです。

しかし、もう少し詳しく体質をCheckしていくと別の漢方的な体質を発見しました。

病院の半夏瀉心湯でスッキリ水下痢が止まらない理由はここにあります。

胃腸症状の大元の体質に対する煎じ薬を2種類飲んでいただくことに。

新しい漢方薬をはじめて3週間後。。

水下痢はピタリと止まったようです^_^

腹痛とお腹の張りも回数が減ってきたようです。

まだまだ3週間ですのでもちろん症状は全て無くなりません。

しかし氣功でCheckしても非常に回復のスピードは早いです。

とにかく激しい症状は治まったようで安心しました。

砂糖ってカラダに良いの?悪いの?

甘い味には緩めるという直接的な働きがあります。

心も体も緩めます。

甘味が強いほど強烈に緩めます。

肉体的にどっと疲れて動きたくない時、甘いケーキを食べるとなんだか元気になりますよね

精神的にぐったり疲れて頭が働かない時、チョコレートを食べると頭がスッキリしますよね。

これも甘味の力なのです。


エナジードリンクの効き目…


僕の体験談があります。

ことしの8月の暑い日のことです。

色々なことが重なり忙しく、精神的に少し参っていました。

余裕がなくなっていたのですね。

そういう時、普段は漢方薬を飲んで回復するのですが、不思議なもので余裕がなくなりすぎて漢方薬を飲む気も起きません。

家族に無理を言って1日休みをもらいました。

ランニングで汗をかき、趣味をしながらゆっくりと過ごしたのですが、なかなかスッキリというところまでは行きません。

まあ仕方ないかなと思い、帰ることに。

運動して汗もかいたのでコンビニで飲み物を買うことにしました。

その日は35℃くらいある、かなり暑い日です。

キンキンに冷えていそうなエナジードリンクがとても美味しそうです。

迷わず1本取ってレジに向かいました。

車に戻って飲んでみると実際にめちゃくちゃ旨いんです。

「生き返った~」と感じました。

カフェインとのダブル効果で頭もスッキリしてくるんですよね。

砂糖って本当にスゲーなと思いました。笑


刺激にはすぐに慣れてしまいます


じゃあ砂糖は良いものなのか。

残念ながら毎日食べる食養生としてはあまり良いものではありません。

働きが強すぎるんです。

クスリとして使うようなイメージを持っていただけると良いかと思います。

強い刺激には体も心も慣れてしまいます。

自然治癒力で自分の体を緩めることをやめてしまいます。

そして、はじめのときほどの効き目が感じられず、少しずつ量が増えてしまいます。なんだか怖いですね。

実際に私も3日ほど連続でエナジードリンクを飲みましたが、スッキリ度は右肩下がりです。

美味しくも感じなくなったのでやめました。

素直に漢方薬を飲み回復しました。ご安心ください。


どんな時に砂糖は良いの?


砂糖湯(さとうとう)といい、砂糖を熱湯に溶かしたものを使うことがあります。

・咳が止まらない時

・腹痛が止まらない時

・パニック発作が止まらない時

など、緊急時に使うものです。

毎日食べるお食事は刺激の少ないものがいちばんです。

お米などの姿のままの穀物がおすすめです。

最近緩んでないなぁという方。

今日は白米とかぼちゃの味噌汁などはいかがですか?

もちろんお出汁で取った煮干しはミネラルたっぷりですので、そのまま骨ごと食べてしまってくださいね。

ミネラルのお話はまたの機会に。

血流は大事です

「あなたの血液はドロドロです」と言われたらどうですか?

イヤですよね?

血管が詰まってしまって脳梗塞や心筋梗塞になってしまったら怖いし…。

漢方医学では「瘀血(おけつ)」という考え方があります。

「血液がドロドロ」とは少し違うのですが、血の巡りが滞っていることを言います。

・脳梗塞、心筋梗塞

・高血圧

・更年期障害

・便秘

・女性ホルモンのアンバランス

・打撲

・ぢ

・自律神経のアンバランス

などのお病気の方が瘀血の体質を持っていらっしゃることが多いです。

ちなみに僕も瘀血があり以前「ぢ」になってしまいました。

辛かった…。

漢方薬で体質改善をしたので、今はまったく大丈夫です(^^)

また、女性は月経があるので瘀血もバランスを崩しやすいと言われております。

ガンも瘀血体質が原因だとする理論もあります。


瘀血を整えてアトピーが良い感じです


以前からアトピーで治療をしている20代の男性。

この方、腕や足、お腹や背中にも湿疹ができていたのです。

当店の漢方薬を飲み始めてすぐに効果が出ました。

3ヶ月ほどで服用する前の1割くらいに症状は治まったのです。

しかしそこからが一進一退でした。

食事を気をつけていると症状は出ません。

しかし、居酒屋などで夜遅くまで飲んでしまうと、その日の夜は掻いてしまい湿疹がひどくなります。

また、食事を気をつけていてもストレスが掛かるとやはり夜中に掻いてしまいます。

その都度、氣功でCheckをして微調整をしていくのですが中々うまくいきません。

そこでもういちど全身をイチからCheckし直すことにしました。

そこであらためて気がついたことがあります。

漢方医学では舌診(ぜっしん)というのですが、舌・ベロに体質が出てくるという考え方があります。

この方の舌は裏側の血管(静脈)がかなり浮き出ているのです。

この舌下静脈(ぜっかじょうみゃく)は「血(瘀血)」の体質が強く出ている証拠です。

見た瞬間に「あっ、コレだ!」と思いました。

というかはじめての相談の時もCheckして記録も残しておいたのですがスッカリ頭から抜けていました。まだまだダメですね…。

そこで、いまお飲みの漢方薬に血流を整える漢方薬を追加して飲んでいただくことにしました。


さて2週間後…。

今までで一番良いようです。

見た目もまったく違います。症状はほぼゼロ!

血流の漢方薬がうまく働いたようです。本当に安心しました。

血流を整えるのは大事ですね(^^)

瘀血を整える食事などは、またの機会にお伝えしますね。

Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 81 82 83 Next