腰痛・坐骨神経痛に漢方薬②

腰痛や坐骨神経痛で苦しんでいる方は非常に多く
お尻から太ももの裏、すねや足先、足の裏に痛みやしびれを訴え
寝ている時、荷物を持つ時、立つ時や座る時
長時間歩いた時に痛みを訴える事が多いです。

悪化すると、じっとしていても痛むなど症状も様々です。

原因も様々考えられ、老化や骨・神経の障害の他に
不安感などの心理ストレスが重なり痛みが強くなる場合が多いようです。

最近はこの自律神経系の方からきているだろう痛みを訴える方が非常に多いです。

お悩みの方は30~70代まで年齢層も様々ですが
今までの経験上、ご自身の力で歩ける方には漢方薬が有効な事が多いです。

「関節の痛みに漢方薬」

不思議に思われるかもしれませんが、非常に効果的な分野のひとつです。

五十肩に漢方治療、、、ではなく

五十肩の漢方相談を受けました。

というか、その方の息子様の漢方相談を受けていたのですが
お父様も五十肩で悩んでいらっしゃるとの事でしたので
漢方薬ではなくストレッチングの方法をお伝えして対応していただくことにしました。

それから一ヵ月後に再度来局していただいたので
具合を聞くと、、、

痛みはすっかり無くなって腕も上がるようになったそうです!
良かった~。

こうやって一人ひとり苦しんでいる方が少なくなってくると良いな~

50代女性の腰痛神経痛の漢方治療

こんにちは。
藤沢辻堂~茅ヶ崎 「漢方薬 紫雲」
島田敬一です。

50代のご婦人の腰痛・神経痛の相談を受けているのですが
漢方薬を服用後、一週間ほどで痛みが和らいできたそうです。
良かったです。

ただ、このご婦人は良くなると車の運転など無理をしてしまい
痛みが再度出てしまうと言うことを繰り返してしまいます。

無理をして一度痛みが出てしまうと治療は十日逆戻り。

本当にその通りだと思います。

現在、治療中の方もくれぐれもご無理はなさらないようにして下さい。

あともうちょっとの辛抱ですよ~

いざ鎌倉へ


今日は梅雨入り前の最後の晴天日と聞き
せっかくなので鎌倉に遊びに行ってきました。

銭洗弁天や知人のお店などを回った後
長谷寺に紫陽花を見に行ったのですが
なんと数十分待ち!

休日の鎌倉をなめていました・・・

鎌倉には3ヶ月ぶりくらいに行ったのですが
なくなってしまったお店や新しく出来ているお店など
色々変わっていました。

それにしても休日の鎌倉はすごい人の数だった。
江ノ電もパンパン。

湿度と病気の関係

こんにちは。
藤沢辻堂~茅ヶ崎 「漢方薬 紫雲」
島田敬一です。

明日から湘南も入梅するそうです。
自律神経の不調を訴えている方の中には
この季節に症状が悪化する方も少なくありません。

また関節痛や神経痛もこの季節に
症状が悪化する方が多いです。

島国で湿度の高い日本特有の病気かもしれませんね。

心当たりのある方はご無理をなさらないで下さいね。

さて、明日は薬局はお休み。
雨が降る前に自転車でお出かけするとしましょう!
鎌倉の紫陽花はどうかな~

Pages: Prev 1 2 3 ... 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 Next