本態性振戦と漢方

本態性振戦の相談を受けてます。

主な症状は頭部と手の振るえですが
もう30年以上、この症状で悩んでいるとの事。
今まで様々な治療をしたけども効果が無かったそうです。

詳しく問診と糸練功を行い
漢方治療をする事になりました。

漢方薬を飲み始めて2週間が経ち
本日2度目のご相談。

結果は・・・

少し良いようです!!

湯飲みやお箸を持つ時に
今までよりいくらか持ちやすいとの事。

夜も良く眠れるようになり
精神的には大分調子が良いようです。

まだ2週間ですが
本当に良かったです。

完治を目指して
最後までご一緒に取り組んで行きましょう(^_^)


漢方治療 ヒミツの言葉

漢方治療をしていく上で
とても大切なことば。

それが

『アジアへ(え)』

です。


「あ」 あせらずに

「じ」 じっくりと

「あ」 あきらめずに

「え」 えがおで


4つの言葉を
いつも思い出してくださいね。

最後まであなたの健康をサポートいたします。

二人三脚でゆっくりと取り組んで行きましょー(^_^)♪


学術論文発表「自律神経疾患に対する漢方薬の効果」

11/14(日)に石川県で学術論文を発表する機会をいただきました。



この方は記念講演をして下さいました中国の先生です。

他にも写真は無いのですが
記念講演をもう一人の中国の先生がして下さり
基調講演を私の漢方の師である先生がして下さいました。

その後、私が学術論文の発表をさせていただきました。

「自律神経疾患に対する漢方薬の効果」

自律神経失調症
パニック障害
不眠症
うつ病
不安神経症
統合失調症
などなど

紫雲でも非常に患者さんの多い分野でもあります。

今までの私の経験を踏まえて発表させていただきました。




少し緊張して笑顔が硬くなってしまいました・・・
あれだけ皆様に笑顔は大切ですよと言っているのに・・・
反省です(^_^)

発表の後の質疑応答でもいくつか質問を頂き
終了後に会場の外でも数人の先生から質問や感想を頂きましたので
我ながら良い論文を発表できたのではないかと思います♪

ほんの少しでも全国の先生方の参考になり
一人でも多くの患者さんが救われることを願っております。

漢方治療、喜びの声(^_^) 11/13

この一週間で紫雲に届きました
漢方治療の喜びの声をお届けします。

同じ様な症状でお悩みの方の救いになれば幸いです。

漢方薬での治療は体質改善が中心となります。
そのため治っていく過程も
一人ひとり異なり個人差があります。

ご参考にして下さいね。


◆50代 女性 子宮筋腫 漢方服用1ヶ月
生理周期がきちんと28日でした。
生理痛も軽く鎮痛剤も最初の1回で済みました。


◆30代 女性 パニック障害 漢方服用3ヶ月
まだ波はあるが非常に軽くなっている。
ストレスがかかっても気にならなくなってきた。


◆50代 女性 坐骨神経痛・不安感 漢方服用3ヶ月
坐骨神経痛・不安感ともに少し漢方薬を休んでいましたが安定してます。


◆30代 女性 アトピー性皮膚炎 漢方服用3ヶ月
飲み忘れることもありますが症状は安定しています。


◆60代 女性 腰痛・足の痺れ 漢方服用3ヶ月
少し無理をしたら症状が強くなりましたが概ね良い状態です。


◆30代 男性 うつ病・パニック障害 漢方服用5ヶ月
良い状態で安定しています。
午前中に寝てしまう事も少なくなりました。
目的があると早く起きれるようになってます。


◆40代 男性 坐骨神経痛・知覚神経障害 漢方服用6ヶ月
坐骨神経痛の痛みが寒さのせいか少し強くなりましたが
他の症状は概ね安定しています。


◆30代 女性 アトピー性皮膚炎 漢方服用5ヶ月
かゆみ・湿疹ともにひどくならずに済んでおります。


◆10代 女性 軟便・腹痛・ガス 漢方服用1ヶ月
形になる便が増えてきました。
腹痛は時々あります。


◆30代 女性 ダイエット 漢方服用10日
今まで半年以上体重が減らずに悩んでいたのですが
漢方薬を飲み始めてから10日間で1kg落ちました。


◆20代 女性 アトピー性皮膚炎・片頭痛(偏頭痛) 漢方服用2ヶ月
座薬を入れるほどの激しい頭痛は起きてません。
皮膚の状態も良い感じです。




原因不明の胃の痛み(急性膵炎!?)

30代 男性

就寝中に急に起きた
原因不明の胃の痛み。

冷や汗が出るほどの疝痛です。

心当たりはなく
とても不安感を抱えていました。

糸練功でみると膵臓部に反応を確認。

直接の痛み止めとして
芍薬甘草湯を服用。

炎症を抑えるために
風参と牡蛎仙を同時服用。

二日目の今日
ようやく痛みも落ち着いてきました。

養生のため
刺激物などは禁止です。
週末のビールはいかがでしょう!?

緑茶やヨーグルト・パイナップルは
積極的に摂る様お伝えしました。

「医が三分、養生七分」

漢方薬を忘れず飲み
睡眠時間をきちんと取って
食養生もきちんと守り

日曜日には美味しいビールが飲めると良いね!!


Pages: Prev 1 2 3 Next