脊柱管狭窄症と漢方治療・漢方薬

茅ヶ崎のお住まいの60代の男性から相談を受けた。

約2年ほど前から腰の痛みと太ももから足先への神経痛で
苦しんでいたと言う。
病院での診断は脊柱管狭窄症との事。

詳しく話を聞くと
今まで鍼灸や整体・漢方薬での治療を試みてきたが
どれも結果は思わしくなく
また医師には治らないと言われたらしく(!)
このまま一生この痛みが続くのではないかと思うと
不安で仕方がないとおっしゃっていた。

腰と左足に痛みがありかばっていたからか
右にも痛みが出てきたという。
特に朝の寝返り時の痛みがひどく
朝からひどく落ち込む事が多かったという。
他にはすねの痛みや足裏のしびれなどがあった。

問診と糸練功により
患部の炎症と思われる反応と
患部の変形と思われる反応
さらに筋肉のこわばりと思われる反応を確認した。

漢方薬をご提案し漢方治療を開始。

3週間後 少し良いときが出てきたようだが今までの事があり、まだまだ不安との事。
5週間後 今までのどの治療よりも改善していると感じるとの事。
8週間後 まだ症状が残る部分もあるが初めに比べると考えられないほどの変化だと言う。

完治、再発防止に向け現在も漢方薬を続けられております。


~~~ 紫雲の考え ~~~
脊柱管狭窄症、ヘルニア、すべり症など様々な病名があるが
東洋医学的には治療のポイントは似ていると考えられる。

痛みは他人には中々理解されづらいものです。
少しでも楽になれるようお力になれて良かったです。


 →症例一覧へ