変形性膝関節症の女性 70代

左ひざが痛むという女性から相談を受けた。

数年前から両方のひざが痛んでいたが
ここ数ヶ月の間は特に左ひざが痛み
休んでいれば痛みは感じないが
歩き出すと痛みがひどくなるという。

過去に何回かひざの水を抜いた事があるらしく
今回、病院では「変形性膝関節症」と診断。

鎮痛剤を服用しても症状が良くならず
周りにも良くなっている方がいらっしゃらないとの事で
とても不安なご様子であった。


東洋医学的な問診と糸練功(医療気功)にて証立てを行い
ひざにて反応を2つ捉える事が出来た。

患部の炎症と考えられる反応(陽証)と
骨の変形と考えられる証(陰証)である。

それぞれ適方の薬方類を選薬し、漢方治療を行うこととなった。

1ヶ月後、痛みを感じない日が出てきたそうでとても喜んでいらっしゃった。
2ヵ月後、痛みは軽くなってきているが、まだ動き始めるときに痛みが出るという。
5ヵ月後、仲間とハイキングに行っても大丈夫だったので自信がついてきたとの事。
12ヵ月後、痛みは全く感じなくなったようである。

糸練功で確認しても反応は消失していたので
漢方薬は卒業とし、食養生・生活養生などのポイントをお伝えし
漢方治療を終了した。