小児喘息

発作時は苦しくてまともに呼吸が出来ません…

8歳のとても元氣な男の子。
3歳の頃から時々ゼエゼエしたり(喘鳴)、呼吸が苦しくなることがあったのですが、今年の8月頃から発作の頻度が高くなり、症状も強くなってきました。
咳が出ることは少ないのですが、とにかく苦しそうで見ていてかわいそうです。
ピーナッツのアレルギーや花粉症もあります。

飲み始めて1ヶ月。走っても息切れしなくなりました。

煎じ薬(大人の半分量)で治療を開始して1ヶ月。
サッカーや野球で走っても息切れすることがなくなったそうです。
運動大好きなTくんはとても嬉しそうでした。

良かったね!!

しかしこの時、まだ病院の薬は服用中でした。

やっと病院のお薬が減らせました(^_^)

ところが、すぐに調子が良くなったので油断したのか漢方薬の飲み忘れが増えてきてしまいます。
飲み始めてすぐに症状が治まる方の場合、治療をいい加減にしてしまう方もいらっしゃいます。
たしかに、お氣持ちは分かりますが…。
結局、完治までの時間が掛かってしまうのでもったいないんですよね。

そんないい加減に服用していたTくんときちんとお話をしました。
病院のお薬を卒業できるように、漢方薬を毎日服用することを約束し、治療を再開。
それから半年後、真面目に飲んだ頑張りが報われ、病院のお薬を減らすことが出来ました。

それから半年、漢方薬も無事卒業。その数カ月後にお会いした時も発作は出ていないようでした。

元々が元氣なお子様だったので、これからは運動に勉強に頑張っていくことと思います。

西洋医学では経過観察となってしまう症状でも、漢方薬で体質改善をすれば治る病氣も沢山あります。
諦めてしまう前にご遠慮なくご相談くださいね。

一緒に頑張っていきましょう!!