数十年悩んだ片頭痛が、漢方治療で改善しました 70代女性

病院では原因不明と診断され、鎮痛薬で毎日の痛みをしのいでました…


70代女性から、片頭痛のご相談です。

最初に話を聞いた時は、驚きました。
数十年前から片頭痛に悩まされ、ここ数年は1ヶ月にバファリンを100錠ほど飲んでいるそうです。

当然、氣分も塞ぎこんでしまい、ここ数年はうつ症状も出ているとのこと。

初めて来られた時は顔色も悪く、症状のきつさが伺えました。


頭痛の原因は「瘀血(古血)」。血流を改善することを目的に治療を始めました。


氣功で体の状態をCheckし、3種類の漢方薬をお選びしました。

飲み始めてわずか2週間で、痛みが軽くなるのを感じたそうです。
本人の希望もあり、さらに痛みを軽減するために、1種類お薬を追加。
その2週間後には、痛みが全く無くなってしまいました!

その後、4ヶ月目で漢方薬は当初の半分へ減量。
症状は変わらず順調です。
氣功で診る限り、体質改善も順調に進んでいるようです。

その後も、お薬を減量し、現在は本人希望のため、体質改善と再発防止を目的に、少量の漢方薬を服用しています。


頭痛の原因は瘀血(血流)以外にも、冷え、水分代謝の異常、女性ホルモンとの関係など様々です。


私も頭痛持ちだったのですが、痛みが出ている時はなんにもやる氣が起きなくなり、痛みが治まるまで寝こんでいる状態でした。

漢方と氣功で治したので、今はすっかり元氣です。遊びに行く時や旅行には、鎮痛剤を持っていかないと不安だったのが嘘のようです。

痛みは東洋医学的に診ても、原因は様々です。

この方のような「瘀血」が原因の方もいれば、「水毒」が原因であったり「血虚」や「冷え」が原因の方もいます。

お困りの方は一度ご相談くださいね。
ピッタリの漢方薬をお選びいたします(^_^)

→その他の症例はコチラ