病気を漢方薬で早く、確実に治すコツ

つら〜い症状を、早く治すために…


漢方治療は、お体の状態を根本から治す体質改善が目的です。根本治療に取り組んでいく場合、ある程度のお時間がかかります。しかし、同じように漢方薬を飲んでいても「早く症状が改善する方」もいれば、「症状の改善に時間がかかる方」もいます。

何か違いがあるのでしょうか??

はい。「早く、確実に改善する方」には、共通している治療への取り組み方があります。

●1日忘れると3日逆戻り。3日忘れると10日逆戻り。


漢方薬は食事と同じです。毎日続けることによって体調を整えていきます。
決められた分量・回数を忘れずに毎日お飲みください。
コツコツ続けていくことが、きっと良い結果につながりますよ。

●医が三分。養生七分。


漢方薬を忘れずに飲んでいても、病氣が好む食べ物や生活習慣を続けていると、改善しないどころか症状が強くなる方もいます。
土台となるのは、「心の養生」です。笑うと血流が増え、免疫力・自然治癒力が高まります。
ご自身の趣味や仕事・家族や友人との人生を思いっきり笑顔で楽しんでくださいね。
そして三本柱は、「運動」「休息(睡眠・入浴)」「食事」です。
おひとりずつにピッタリの養生方をお伝えいたしますので、ぜひ実践してくださいね。
漢方治療は、治療する側と患者さんが協力して、二人三脚で取り組むことが大切です。
できることからゆっくりと始めていきましょう。

●あせらない、あわてない、あきらめない。


自覚症状の改善を実感できるまでに、2週間で体感できる方もいれば、3ヶ月ほどでようやく実感できる方もいます。
すぐに自覚症状が変化しない場合でも、お体の内側からはじんわり改善が始まってます。
また、途中で症状が強く出ると体調が悪化したと感じる方もいますが、治る過程で症状の波がある方がほとんです。ご心配なさらないでくださいね。
何か不安を感じた時でも、焦りは禁物です。あわてずにゆっくりと深呼吸をしましょう。
そして、ご心配なことや氣になることは、すぐに話して下さいね。
今まで頑張ってきた心と体をいたわり、整える時期なんだと思います。
「必ず治るんだ!」という強い意志と希望を持って、諦めずに取り組んでいきましょう。

漢方薬とご自身の自然治癒力を信じて まずはじっくりと3ヶ月、取り組んでいきましょう