意外!?花粉症には即効性のある漢方薬がオススメです。

花粉症の方にとって、これから5月まではとってもイヤ〜な季節ですよね。
実は私も学生の頃から長年花粉症で悩んでいました。
朝からくしゃみが止まらず、透明の水っぽい鼻水がだらだら垂れてくるので鼻をかむ回数が増え、鼻の周りも腫れてしまいヒリヒリと痛かったです。
さらに目も痒くなり、こすればこするほど炎症が強まるので、毎日鼻と目を取り出して洗いたいほどでした。
ツラい症状をなんとか抑えようとして病院のお薬を飲むのですが、副作用で喉がカラカラになり眠くなる…。
毎日毎日、非常に不快だったのを覚えています。

●体質改善後はツラい症状も出ることなく快適です


こんな僕でも漢方薬で体質改善してしまったので、今ではすっかり花粉の時期も快適に過ごしております。
漢方薬は副作用もなく安全に治療できますので、お子様でも安心してお飲み出来ますよ。
そうそう、意外と即効性もあるんですよ(^_^)

【症例】
10代の頃から花粉症・アレルギー性鼻炎でお悩みの女性からのご相談です。
主な症状は、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみ・のどのイガイガ感と多岐にわたり非常に辛そうでした。
毎年2月頭から4月末までは症状が出るため、病院の抗ヒスタミン剤を服用してなんとか症状を抑えている状態です。

問診(漢方的なカウンセリング)と氣功Checkから冷え・水毒・血虚の体質を確認し、アレルギーに効果的な生薬を配合した漢方薬Hと数種類の漢方薬で治療を始めることに。
養生も非常に大切です。食生活のポイントとして、果物と水分・アルコールを控えるようにお伝えし、症状がキツくても焦らずに深呼吸するようにお話ししました。

●花粉症に対する漢方薬は即効性があります


2週間後。症状がいつもの半分くらいで治まっているとのご報告を受けました(抗ヒスタミン剤は症状がひどい時だけ頓服として服用を継続)。

1ヶ月後。朝に1回だけ鼻をかむがその後は1日中鼻をかむ必要がないまでに回復。非常に早い効き目に私も嬉しくなりました。

シーズンが終わるまでの数ヶ月は初回量を継続し、シーズン後にお薬の分量を2/3量へ減量。
翌年のシーズン中は念の為にお薬を増量したので症状も消失。その後、漢方薬は卒業し、あれから数年経つが症状は出ておりません。

約1年の服用で花粉症が完治したと思われる症例といえるでしょう(^_^)