漢方相談の多いお病氣

第1位  パニック障害、うつ病、不眠症


20代の若い女性から、男女問わずご高齢の方まで、非常に数多くの方がご相談に来られます。

数種類もの精神安定剤や睡眠導入剤が止められずにお困りの方もいらっしゃいますが、

私の経験上、8割以上の方が漢方薬で改善すると感じます。

「心」の病は漢方薬の得意分野の一つです。

その他、自律神経疾患として
本態性振戦・自律神経失調症・ノイローゼ・ヒステリー・更年期障害・生理前のイライラ感、円形脱毛症など

第2位  腰痛・坐骨神経痛(ヘルニア)・変形性膝関節症


30〜40代の若い男性から、男女問わずご高齢の方まで、非常に数多くの方がご相談に来られます。

「骨の痛みに漢方薬!?」と思われる方もいるかもしれませんが、非常に得意な分野の一つです。

ご自身のお力で歩ける方でしたら、漢方薬が有効なケースが多いです。

その他、神経痛・関節痛・痛み疾患として
関節リウマチ・頭痛・骨粗鬆症など

第3位  不妊症・不育症・男性不妊


20代から40代まで数多くの方がご相談に来られます。

漢方薬が体質の深い部分に働きかけ、妊娠しやすい体質作りをサポートいたします。

その他、婦人科疾患として
生理痛・生理不順・生理前の諸症状・ニキビ肌荒れ・卵巣子宮疾患・ホルモン疾患など

第4位  アトピー性皮膚炎
、じんましん(蕁麻疹)


子供から大人まで、男女問わずご相談に来られます。

「医が三分、養生七分」を基本の考えとし、食養生から生活習慣までトータルでご提案いたします。

その他、アレルギー疾患として
アレルギー性鼻炎・気管支喘息など

第5位  めまい・メニエル症候群


男女問わず、若い方からご高齢の方までご相談に来られます。

西洋医学では難病となっていますが、東洋医学では改善するケースが非常に多いです。

病院や治療院で治らなくても、決してあきらめないでくださいね。

その他、難病疾患として
悪性腫瘍・自己免疫疾患・ヘルペス・突発性難聴・耳鳴り・痔ろう・痔・てんかんなど

その他、耳鼻咽喉科疾患・眼科疾患・呼吸器疾患・生活習慣疾患・循環器疾患・内臓疾患・消化器疾患・精神疾患・皮膚疾患・婦人科疾患・泌尿器疾患など、幅広くご相談をお受けいたします。

また、「病気を治す相談」だけでなく「病気にならないための相談」も承っております。

老化予防・認知症予防・脳卒中予防・がん予防・寝たきり予防や簡単に出来る食事療法などお気になる事がありましたら、ご遠慮なくお申し付けくださいませ。