ストレス過多による不妊症(子宝相談)

30代 女性 藤沢市
漢方服用6ヶ月
お薬代:7,000円/週

【症状】
子どもがほしい。2人目不妊症。ストレスが強い。

「ストレスは全く無くなりました。ホルモンバランスは気になるところはありません。穏やかに過ごしています。強いて言えば最近吹き出物が気になります。連休に遊びすぎてしまったせいか少し疲れもあります。」

(紫雲からのコメント)
ストレスの強い状態が整ってきたようで本当に良かったです。
氣の流れを見る限りではご妊娠しやすい状態だと思います。
このまま、ゆったりとしたお気持ちでお過ごしくださいね。
吹き出物は一時的な脂の代謝が悪くなった状態だと思います。
汗をかきやすい季節となりましたので、こまめに汗をふきとって清潔に保っていきましょう。
お薬は疲労感を取っていくものに変更いたしました。

お腹が張る妊婦さん(流産防止)

妊娠したばかりの30代の女性。

前回の妊娠時に流産してしまったため、流産防止のご相談でした。

現在の症状は、お腹の張りと下腹部の痛み。
幸いにも出血は無いようです。

問診で冷えと血虚を確認。
氣功でお薬をお選びし、安胎薬(胎児と妊婦さんのためのお薬)と念の為の出血止めをお渡ししました。


1週間後、お電話でご様子を伺ってみました。
漢方薬を服用して3日間ほどで痛みは治まってきたようです。

まずは一安心ですね。

ただ油断は禁物。

このお薬が合うタイプの方は
安定期を過ぎても妊娠後期に妊娠中毒症などになる方が多いです。

これからつわりもたいへんでしょうが
頑張って漢方薬を飲んで行きましょうね!


妊娠中の動悸

妊娠6ヶ月の妊婦さんからのご相談。

食事の後に
心臓がバクバクするほどの動悸・息切れ・立ちくらみ
の症状が出ているそうです。

漢方薬をお出ししてすぐに症状は治まりましたが
妊娠中毒症の予防のためにも
ご出産まで漢方薬を続けていただくこととしました。


こういった症状が出ている妊婦さんは多いですよね。

インターネットの掲示板などでも数多く見かけますし
ご妊娠中は体調の変化も激しいですから
仕方が無いと思っていらっしゃる方も多いようです。

母子ともに健康で元氣な赤ちゃんを産むためにも
漢方薬はオススメですよ〜(^_^)


妊娠しました

3ヶ月間不妊治療していた患者さんから
ご妊娠したとのご連絡がありました。

何年も悩んでいた方です。
人工授精や体外受精も何回も受けていたのですが
中々授かることが出来ずにいました。

わずかながらでも力になることが出来て本当に良かったです。

何回聞いてもご妊娠のご報告は嬉しいものですね。

「腰が痛い…。妊婦さんでも飲める漢方薬ありますか?」

3ヶ月ほど前に漢方薬で妊娠した方からのご相談です。


妊娠初期はお腹の張りや痛みがあり心配でしたが
安胎薬(母体と胎児を守る漢方薬)を続けてもらい
現在は妊娠の状態は安定しています。


ところが、ここ数日間、腰痛で困っているそうです。


そこで、氣功で体の状態をチェックし
妊娠中でも安心して飲める漢方薬と自然食品の塗り薬をお出ししました。


腰痛も早く治まると良いですね。


また経過をお知らせします。


…とここまで書いていたらその方からメールが。


飲んだらスグに痛みが治まり楽になったそうです。


やった〜!本当に良かったですね(^_^)

Pages: 1 2 Next