漢方治療、喜びの声 10/30

この一週間で紫雲に届きました
漢方治療の喜びの声をお届けします。

同じ様な症状でお悩みの方の救いになれば幸いです。

漢方薬での治療は体質改善が中心となります。
そのため治っていく過程も
一人ひとり異なり個人差があります。

ご参考にして下さいね。


◆70代 男性 不眠症 漢方服用1ヶ月
漢方薬を服用する前よりも少し長く眠れるようになりました。


◆10代 男性 不定愁訴 漢方服用5ヶ月
波はまだあるが良い状態だと思います。
学校も楽しく行けています。


◆30代 男性 パニック障害・不眠症 漢方服用5ヶ月
ゆっくりと眠れています。午前中の眠気も無い日が出てきました。
仕事の復帰を考えています。


◆30代 女性 動悸・不安感・疲れやすい 漢方服用3ヶ月
動悸、疲れ、不安感ともに落ち着いています。


◆40代 男性 知覚神経障害 漢方服用5ヶ月
足先の痺れだけまだありますが
胃、膝、ふくらはぎともに落ち着いています。


◆70代 男性 脊柱管狭窄症 漢方服用1ヶ月
毎年寒くなると症状がひどくなるが
今年は変わらないので良くなっているのかもしれません。


◆30代 女性 原因不明の全身の痛み 漢方服用2ヶ月
湿布を貼る回数が減ってきました。
疲労感・倦怠感も少し良いです。


◆60代 女性 坐骨神経痛 漢方服用1ヶ月
今までは症状の無い日はありませんでしたが
この一週間は痛みや痺れを感じない日がありました。


◆10代 女性 腹痛・軟便・吐き気 漢方服用1週間
形になる便が増えてきました。
吐き気も治まってます。


◆60代 女性 下肢静脈瘤・足の冷え・腰痛・便秘 漢方服用3ヶ月
足の冷えは良い状態です。手はポカポカしてきました。


◆30代 女性 上がり症・手のふるえ 漢方服用6ヶ月
緊張せず文字が書けるときがありました。
少しずつ整っている気がします。


朝ごはん

朝ごはん

しっかりと
食べてますか??

午前中は
体の中の

ゴールデンタイム!!

様々な
ホルモンが
作られる時間です。

和食を
たっぷりと
食べて

美しく
健康な

カラダ

ココロ

になりましょう(^_^)♪

漢方理論で料理上手!?



漢方薬は組み合わせ方が
ポイントですが
この法則は食事にも当てはまります。

東洋医学の古典の
「素問」
という本に書いてあります。

東洋医学では味を

「酸・苦・甘・辛・鹹(塩辛い)」

の5つに分けます。

この5つの味が
それぞれ互いに働きかけ
毒消しをするんですね。


分かりにくいでしょうから
例を挙げましょう。


鎌倉の和菓子屋さんで
おいしい「おはぎ」をいただくと
「お茶」が添えられてきますね。

これは
「甘」に対する
「苦」による毒消しです。

また
酢の物(酸)に鷹の爪(辛)
もそうですね。

また逆は作用を強めます。

スイカ(甘)に塩(鹹)を振ると
甘みが強くなりますね。


さあ、この法則を使えば
今日からあなたも料理上手!!
良かったですね(^_^)

いかがですか。
漢方・東洋医学って便利でしょ♪


漢方薬。その配合の妙。

漢方って
実は生活に
すごく密着しています。

例えば
「甘麦大棗湯(かんばくたいそうとう)」
という漢方薬。

癲癇(てんかん)という病気の
けいれん発作が止まった
という報告がいくつも上がってきています。

中に強い成分など一つも入っていません。

甘味料の原料にも使われる「甘草」
ドライフルーツにもある「大棗(なつめ)」
小麦粉の原料の「小麦」

これらのたった3種類なんです。

ひとつずつ
別々に服用しても
このような効果はないでしょう。

ある一定のバランスで
組み合わせる事により
素晴らしい薬理効果を発揮します。

そう。

漢方薬は
組合せが非常に重要なんです。

数種類の生薬・薬味から
数十種類の漢方薬方が出来、

数十種類の生薬・薬味から
数百種類の漢方薬方が出来ます。

組合せの中で
毒を消したり
効を増したり
していきます。

実はこの理論は
普段の食にも当てはめる事が出来ます。

それはまた次の機会にお話しましょう

長文お付き合いありがとうございました~(^_^)


風邪の治し方

以前に風邪にならないための予防法はお伝えしましたよね。

そう、「良く寝ること」です。

でも万が一
風邪をひいて熱が出てしまったらどうしましょう。

温めますか?
冷やしますか?

西洋医学では
解熱剤を使い高熱の状態を冷やそうと考えます。

一方、東洋医学では
逆に体を温めウイルスと戦おうと熱を出している体の状態を助けようと考えます。

体温を上げ
自然な発汗を促し
解熱させるためです。

有名な葛根湯も体を温める漢方薬となります。

漢方薬で風邪から回復すると
変なだるさも残らずすっきりとした状態になりますよ~

でもまずは予防が一番!

無理せず
ゆっくり休んでくださいね~(^_^)




Pages: 1 2 3 4 Next