腰痛・ぎっくり腰に著効した漢方薬

●雪かき中にやってしまいました…。30代女性


私の妻です。今年の大雪の時に雪かきをしていたら、なんとぎっくり腰になってしまいました。
その場でうずくまるくらいの激しい痛みでしたが、なんとか這って家の中まで入ったそうです。

薬局に連絡があり、遠隔で妻の状態を氣功で診ると確かにぎっくり腰様の反応があります。
漢方薬Aをお酢で2包飲むように伝えました。
30分後、ある程度状態は落ち着いたようでしたが、さらに2包、1時間後にもう2包飲むように指示。
帰宅後に状態を診ると7割方回復しているようです。
念のために寝る前にもう2包飲み、翌朝にはすっかり痛みは無くなっていました。

●工事中にやってしまいました…。50代男性


前店舗の改装作業中のことです。施工業者さんが雨漏りの工事中に腰を傷めてしまったらしく、その日の作業は中断になってしまいました。
早く治るように腰の状態を氣功で診ると反応があります。
漢方薬ABを2包ずつ服用し、帰宅後、就寝前にも2包ずつ飲んでいただきました。
翌日には痛みもなく無事に作業を再開できました。

「漢方薬ってこんなに早く効くんですか!?」とお褒めの言葉をいただきました。

●くせになってしまっているようで、何もしていないのにやってしまいました…。40代女性


ぎっくり腰ってくせになってしまうんですよね。
長年のぎっくり腰持ちの女性。
年に1回は発作を起こしてしまうようです。
今回は重いものを持ったわけではなく、激しく体を動かしたわけでもないのに症状が出てしまいました。

その日は漢方薬Aだけをお飲みになりなんとか回復。
根本から治すために、複数の漢方薬で治療を開始しました。
それから半年、症状も出ること無く快適な毎日を過ごし漢方薬も卒業されました。

腰痛・ぎっくり腰は漢方薬の得意分野です。
お悩みの方は、今すぐにご相談くださいませ。

漢方薬Aは高温で熱した牡蛎の殻が主成分のオリジナルの漢方薬です。
腰痛、ぎっくり腰、ひざ痛のほか、じんましん、鼻炎などアレルギー疾患にもおすすめですよ。