変形性膝関節症によるひざの痛み 60代

負担を掛けなくても痛みが…


ヒザの痛みでお悩みの女性から相談を受けた。
はじめは右ヒザの痛みだけだったが、かばっているうちに左ヒザも痛くなってしまったと言う。
整形外科の診断は変形性膝関節症。軟骨がすり減り、炎症を起こし痛みが起きているとのこと。電気治療やリハビリ、マッサージを受けているが痛みに変化は無く、お困りの様子だった。
痛み始めは、全体がボワーンと痛み、その後ヒザの裏、現在はヒザの内側が激しく痛む。歩いてる時はもちろん、じっとしていても内側がジ~ンと腫れている感じがし、重苦しい感じもある。

ヒザの痛みの治療ポイントは…


ヒザの痛みや腰の痛みなどの関節痛・神経痛は「炎症と思われる表面上の治療ポイント」「骨の変形と思われる根本的な治療ポイント」の2つの反応を治療することが多い。

氣功のCheckでも2つの反応を確認。漢方薬3種類で治療を開始。

日常生活での注意点もお伝えした。
・アルコールの減量
・くだもの、もち米の減量
以上の2点である。

服用開始から2週間後、氣のレベルは順調に改善。自覚症状も改善を実感。
痛みの強さが「10から1に減った」と喜ばれる。著効である。

著効の方に限って…


その後も自覚症状は順調に改善。とても良い状態が続き、忘れた頃に時々痛む程度にまでなった。
しかし、漢方薬の飲み忘れが目立っており、症状は良いものの予後が心配に思われた。
その後も時々忘れつつ、約7ヶ月が経過。ご本人の希望で治療を中断。

私が氣功で見る限り、表面上のポイントは反応がほぼ消えていたが、根本のポイントは9割程度の改善であった。その後再発しないかが心配である。

氣功のCheckで反応が消えるまで取り組んだ方は再発が少ない。
病気の根っこは根深いです。反応が消えるまで中断なさらず、ご一緒に取り組んでいきましょうね。

【実際に掛かった費用】
漢方薬A+B 610円/日
漢方薬C 400円/日
(一般的に、お薬は改善とともに減っていきます)

天気痛、気象病は漢方で治る

30代女性 偏頭痛(天気痛、気象病) 主な症状:天気が悪くなる前日におでこ中心の頭痛
「雨の前の日でも頭痛が出ることは無くなりました(^^)」

60代女性 変形性膝関節症(天気痛、気象病) 主な症状:雨の前の日に痛みが強くなる
「全体的に上向いています!」

40代女性 耳鳴り(天気痛、気象病) 主な症状:季節の変わり目に特に強くなる
「おかげさまでほぼ耳鳴りは治まりました」

30代女性 パニック障害(天気痛、気象病) 主な症状:気圧の変化で発作が起きそうになります
「天気を氣にせず生活できてます」

「天気痛・気象病が良くなった!」と、数多くの喜びの声をいただいております。
「漢方カウンセリング」「氣功による東洋医学的な病態の解析」で、あなたにピッタリの漢方薬をお選びします。
漢方薬で天気痛・気象病は漢方薬で治ります。ぜひ一度ご相談下さいませ。

天気痛、気象病は漢方薬の得意分野です


天気が悪くなる前日に頭痛が起きる。
気圧の変化でめまいが起きる。
梅雨時はヒザがシクシク痛む。
パニック発作が起きそうになるので雨が降るのがわかる。

これらは全て天候に影響されております。
天候に影響される疾患を気象病と呼び、その中でも痛みが起こるものを天気痛と言います。

気象病や天気痛は、まだまだ一般に認知されておりません。
周りの方に理解されずに仮病と疑われる方もいます。
辛いですよね。


気象病や天気痛がどうして起こるのか?
そのメカニズムは、現代医学でもハッキリとは分かっておりません。
気温・気圧・湿度の変化や、それに伴う自律神経の影響があると考えられてます。

東洋医学・漢方医学では水毒(すいどく)の影響を第一に考え、水毒を整える治療を中心に行います。

当店はパニック障害が得意なこともあり、自律神経の方面からもお身体をチェックしていきます。
交感神経の影響で神経過敏になり、症状が強く出ている方も多いです。
その他、冷え症体質、頚椎の異常などもCheckし、総合的に判断して漢方薬をお選びしております。

漢方薬で体質改善してしまうと嫌な症状は無くなります。
根本治療ですので再発もしにくいです。オススメですよ。

お腹の調子(下痢・軟便)も漢方薬でスッキリ卒業

本日、漢方薬をご卒業された方です。
お腹の調子は「油・脂の代謝」と関係がありました。

実は、ぼくもそうだったのですが、油の代謝が原因で、下痢・軟便・腹痛になる方は非常に多いです。

いま様々なオイルが注目されて、流行ってますよね。
良いとされるオイルも、油には違いありません…。

お好きな方は、どうぞ、ほどほどに〜。

——————以下、全文です。—————————–

7-8年前から精神的に不安定になり、自律神経のバランスを崩したせいか、特に軟便など、お腹の調子を崩すことが増えました。

婦人科や内科にも行き、他の漢方にも行ってましたが、なかなか良くなりませんでした。

インターネットで調べて紫雲さんに相談し、更年期や婦人科のお薬を処方していただき、お腹のお薬もあわせて飲みました。

2年ほど飲み、今はイライラもあまりなくなり、ポジティブにいろいろ考えられるようになりました。

お腹の調子も良くなりました。

落ち込んだ時に、「自然と触れ合うこと」「好きなことに一生懸命になること」とのアドバイスも良かったです。

ありがとうございました。


胃が痛い、、、すい臓か。。。

昨日、昼にラーメンを食べたら重い胃痛が。。。
「胆石が動いたかなぁ!?」なんて軽く思い、その後もたいして気にせず午後の相談も終了。

夕飯はカレーを食べ、その後チーズをつまみにワインをグラスで3−4杯。〆にカレーをおかわり。
そろそろ寝ようかなぁなんて思っていると、昼と同じ重い胃痛。
そこで気付きました。あっ、これ胃じゃない、すい臓だ。急性膵炎のやつだ。やばいかも。。。

気づいた時にはすでに遅し。痛みがだんだんと強くなる気が。
まずいと思いながらも、もう眠いし、寝れば治るだろうと、漢方も飲まずに気功だけして布団に入ることに。痛みはあるものの、横向きになって膝を抱えて丸くなり、なんとか寝ることができました。

一晩明けて、今日の朝、昨日ほどではないけどお腹と背中の痛く重い感じはまだあり。
週末は飲み会もあるし、そこまでには治したい。
氣功で診ると、やっぱりすい臓部に反応あり。ですよね。。。

まずはスペシャル漢方2倍量。
その後、朝食代わりにパイナップル、ヨーグルト、大根おろしと膵炎対策フルコースを飲み、昼にもスペシャル漢方2倍量で、ついさっきも2倍量。スピード重視でたくさん飲みました。

おかげで夕方にはなんとか症状は治まり、今夜無理をしなければひとまずは安心かなというトコまで持ち直しました。

いや〜、不摂生はいかんですね。普段は少食にしていたので油断をしておりました。

当日を振り返ると、、、
ラーメン、ワイン、チーズ、カレー、、すい臓にやばいものだらけですね。
最近は、朝にコーヒー、夜にビールを毎日飲んでたし。。。

今日もお酒は飲みません!
神様!どうにか明日夜までには完全に整っていますように〜。。。

(追伸)
深酒をした翌朝に激しい胃痛が起こったとき、急性膵炎であることが多いです。
すぐに病院で診てもらいましょう。前の晩に深酒したことも医師に伝えて下さいね。

みかんが体を冷やすって、あれウソだから。。。


「辛」いものが体を温めるっていうのは、なんとなくわかりますよね〜。

「酸」っぱいものも基本的には体を温めるんですよ。

だから、みかんも体を温めるの。
「潤」す作用が強いから冷やすと勘違いされてるんだろうけど。
まあ、「酸」っぱいものは「収」める働きのほうが重要なんだけど。。。

他に温めるのは、「脊椎動物」と「発酵」。

牛肉って温めるイメージあるでしょ?
まあ、馬肉は冷やすけど。。。

緑茶(涼)が半発酵すると烏龍茶(平)、全発酵すると紅茶(温)。
大豆(平)が発酵すると味噌(温)。

基本と例外だけ抑えておくと、食養って簡単だし面白いんですよ(^^)

Pages: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 75 76 77 Next