「漢方薬 紫雲」ができるまで①

こんにちは。
藤沢・辻堂「漢方薬 紫雲」 島田敬一です。

本日より少しずつ、「漢方薬 紫雲」が
できるまでの道のりをお見せしていきます。

コンセプトは
漢方相談や遊びに来られた方が
笑顔で心地よく過ごせるような空間作り。

大変珍しい生薬も展示しておりますので
見学にもいらしてくださいね。

また、私たちの思いが伝えられるようにと
内装・外装含めてひとつひとつ家族や友人の手を借りて
手作り中心で行いました。

本日の写真は、床の杉板に塗装を施したところです。
本当はもっと和風なこげ茶を想像していたのですが
少し想像と違ってしまったので、こだわってやり直しました。

手作業ですと気持ちもこもるし
自分のペースでできるのも良いですね。

人間の体や心も一緒だと思います。

一週間、思いっきり働いたのですから
気持ちを込めて週末は思いっきり遊んだり休んで下さいね。

私も明日は薬局をお休みして、リフレッシュしたいと思います。
みなさまの笑顔に会える日を心より楽しみにしておりますよ!

<塗装前>





<塗装後>

自然のリズム

薬局にお越しになった方は知っている、我が薬局の経絡人形です。

漢方 経絡人形

さて、一見氣味の悪いこの人形。
一般にツボと言われる「経穴」の位置や
経氣の通り道である「経絡」の流れを説明するときに使います。

それにしても、体中にこんなにツボってあるんですね。
いくつあるんでしょう??

東洋医学の古典である「素問」と「霊枢」に答えが書かれているのですが
実は、1年間の日数と同じく365個あるんです!

これは偶然でしょうか!?
真実は分かりませんが、私は偶然ではないと思います。

人間のカラダと自然のリズムって関係が深いんですね~

鍼灸補瀉要穴之図

先ほど、伝統漢方研究会で一緒に漢方を学んでいる
佐賀の薬剤師・鍼灸師の先生から荷物が届きました。

何かな~?と思って中身を見てみると、、

漢方 鍼灸補瀉要穴之図

なんと!「鍼灸補瀉要穴之図」(しんきゅうほしゃようけつのず)の掛軸でした!

開店祝いにと立派な掛軸をいただきました。
ありがとうございます!

明日は大阪

明日は、大阪で行われる漢方の勉強会に行きます。

その為、今日は患者さんがいない時間はその勉強会の準備。



色紙、エレキバン、ビニテープ、、、
一見すると、漢方と関係の無いものばかり。さて、何に使うのでしょう!?

元々、旅行が大好きなので新幹線に乗るだけでもワクワク。
たくさん勉強して、ついでに美味しいものを食べてこようと思います。

あくまで、ついでにね・・・

雨、雨、雨

漢方薬 紫雲 薬局前

今日も本当に寒いですね・・・しかも冷たい雨模様。
色んなトコで言われてますが、もう5月なのに冬の様な寒さ。
実は私は寒さが苦手です。
冬場は雪山にでも行くようなダウンジャケットを着て過ごしていますし、ストーブも欠かせません。

早く暖かくなるといいなー

写真は薬局の前の道路です。
ただ、なんとなく。

Pages: Prev 1 2 3 ... 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 Next